普遍と平熱

かつてけっこう本気バンドをやっていて、途中で透析が始まったひとの平熱くらいの温度感の話

音楽

シタールで人生をアバンギャルドに

え、ちょっと待って。年末ってマジですか。 気づいたら今年最後の週に突入しているではないか。昨日クリスマスだったのにその1週間後に年が明けているだなんて信じられない。例年もう少しクリスマスと年明けの間に時間あったでしょう。絶対去年と仕様が変わ…

珍味食べるくらいの感覚で音楽ジャンルを掘ってみるのも良いのでは

僕はメタルやらハードコアといったわかりやすく暴力的な音楽が好きなのだけど、世の中的にはこれらの音楽はアンダーグラウンドな音楽として認定されていることだろう。それは当然理解できるしその認識で向き合っている。 しかしこの世にはメタルやハードコア…

売るんかというくらいMDを持ち歩いていた

今週のお題「カバンの中身」 最近は特に変わったものは持ち歩いていないなあとスルーしていたが、急に思い出した。今のことではないけれど、以前必ず持ち歩いていたものがあった。 懐かしきオールドメディア 今や「あったよねー」くらいの存在になってしまっ…

学生のときにSpotifyに出会っていたら時間を無限に溶かしていただろう

今さらながらSpotifyの存在に驚愕している。知っているアーティストを検索してお手軽に音楽を楽しめるくらいの感覚で使っていたが、真の醍醐味はプレイリストなどでまったく知らない音楽にいくらでも出会えることであることに気づいた。これ、学生時代にあっ…

音楽の好みが変わらないのじゃなく、好きだった音楽がたまたま流行った時代があっただけともとれる

音楽の好みがアップデートできていないのだと思う。とは言ってもずっと同じ音楽を聴き続けているというわけではなく、新規の音源なども聴くには聴く。どういうことかといえば、同じ傾向のものを好んで聴くということだ。好んで、というよりもそれを探しだし…