普遍と平熱

かつてけっこう本気バンドをやっていて、途中で透析が始まったひとの平熱くらいの温度感の話

学生のときにSpotifyに出会っていたら時間を無限に溶かしていただろう

今さらながらSpotifyの存在に驚愕している。知っているアーティストを検索してお手軽に音楽を楽しめるくらいの感覚で使っていたが、真の醍醐味はプレイリストなどでまったく知らない音楽にいくらでも出会えることであることに気づいた。これ、学生時代にあっ…

2億センチと球と直線

マキシマムザホルモンの新曲のタイトルが「刃渡り2億センチ」らしい。たぶんこのブログを書いている時点では歌詞は解禁されていて、曲は発表されていないと思うのでどういう曲なのかは知らないのだけど、なにしろそのタイトルである。 刃渡り2億センチ。めち…

なりたくない、なれることもないと思っていた自分になっている

連休初日、見事に何もしなかった。そもそも起床が脅威的に遅かったうえに透析をしなければいけないというのが主な理由となるだろう。 なぜ起きるのが遅かったかといえば昨日定年派遣おじさん、先輩と飲みにいったことによる。酒量はそこまででもなかったと思…

毎年1回年齢デバフくらうようになってきました

またひとつ歳をとってしまった。年齢的に中途半端なのであまり感慨というものはないのだけど、「歳をとって”しまった”」と言っているあたり、あまりポジティブにとらえてないのかもしれないな。自分のことながら曖昧だ。 以前であれば確実に飲みに出かけてい…

うに豆腐という刺客

食に関してはわりと攻めの姿勢で向き合うように心がけている。世の中自分の知らない食べ物がやまほどあり、その味を知ることがないまま人生を終えてしまうのはあまりにもったいない。ちょこちょこ顔を出す僕の中の貧乏根性のひとつであると言えるだろう。 あ…

タイパ重視VS作品の情緒

タイムパフォーマンスという考え方があるらしい。略してタイパ。あるらしいというか昔から考えそのものがあったとは思うのだけど、最近になってわかりやすく取り沙汰されるようになったというほうが正しいような気がする。それはやはり動画の視聴が生活に組…

妻からの唐突バターナッツかぼちゃ(ポタージュ編)

ある日、妻が仕事から帰宅すると同時に僕に見慣れない物体を渡してきた。 ひょ…ひょうたんですか…? ひょうたんのような形をしたこの物体、バターナッツかぼちゃだそうである。渡されて開口一番 「スープを作ってたもれ」 いや、嘘。たもれとか言ってない。…

カフェという言葉に対して斜にかまえてしまう

今日はそこそこ暑い日であったけど、最近は暑さもすっかり落ち着いてきた。夏も終わるのだなとセンチメンタルな気持ちにすらなっている。ちなみに去年の今の時期の自分の記事を確認したところ、9月に入った瞬間夏が終わったことを嘆いていた。それに比べると…

お酒を飲まない楽しみというものを見出しはじめた

ただのルーチンのように飲酒をしているが、それなりに日々の晩酌は楽しんでいる。しかし飲まない楽しみを見つけてしまった。 お酒を飲まなかった次の日、おそろしく食事がはかどるのだ。 て、あれ?そのお顔はいまさら何言ってんの的なお顔ですか。お酒を飲…

500年生きて無為な時を過ごしたい

あー、500年くらい生きてえ。そんで無為な時間を過ごしまくりたい。 スマホにメモがあった。最近深酒すると記憶が曖昧になるので酔ったときの思いをメモしている。冒頭の一文はそれということだ。残してどうしようかと思ったのかは謎だが、そう思ったのは覚…

半生を共にしたボウルとお別れ

物を捨てるのがとにかく下手だ。明確に捨てる理由が見当たらないとなかなか思い切って捨てることができない。片付けができないタイプの人間であるというのは自覚している。そんな自分の中で山が動いた。 おボウル 見ての通り、ボウルである。しかしただのボ…

2代目寅さん討論会

男はつらいよシリーズといえば言わずと知れた国民的映画である。渥美清演じる寅さんが様々な人物と触れ合い、その人間模様に泣いたり笑ったりする物語である。作品数も相当なもので正確には知らないけれど、50作品くらいあるようだ。 ドラマの話数だとしても…

音楽の好みが変わらないのじゃなく、好きだった音楽がたまたま流行った時代があっただけともとれる

音楽の好みがアップデートできていないのだと思う。とは言ってもずっと同じ音楽を聴き続けているというわけではなく、新規の音源なども聴くには聴く。どういうことかといえば、同じ傾向のものを好んで聴くということだ。好んで、というよりもそれを探しだし…

ゾンビの眉間に釘を打ち込む工具

工具のインパクトをご存知だろうか。電動で釘打ちができるアレである。 住宅街を歩いていると家を建てている途中の現場から"パシュッ"と聞こえてくる。その音の出どころがこのインパクトなわけである。 めちゃくちゃ便利なのだろうなとは思う。そこは理解で…

今年一番の苦悶と恥辱を味わってきました

ついにこの日がやってきた。健康診断、その日である。 会社から年1度求められる健康診断で、今まではなんだかんだと会社で用意された健診を受けず、個人で手続きしてその結果を提出していたが、今回は年齢などの観点から胃カメラを含む健診を受けなければい…

死の恐怖は乗り越えるのではなく、虚構によって回避する

タナトフォビアという言葉がある。日本語で言うところの死恐怖症だ。死を恐怖するって誰でもそうだろうと思ってしまいそうなものだが、そこはニュアンスが異なる。死というものを観念としてとらえ、想像したときに恐れるというのがこのタナトフォビアなのだ…

かめはめ波って土木技じゃないんですかね

かめはめ波といえば男子垂涎の必殺技であることは言うまでもない。僕ら世代であのかめはめ波を放つ時のフォームを真似しなかった者などいなかっただろう。あのフォーム?とピンときていない方、ウィキペディアにフ正しいォームの画像があったのでご覧くださ…

Slipknotがかつての自分にとってのJUDAS PRIESTになっていることにちょっと引いちゃったよ

ふと気づいた。Slipknotが1stアルバムを出してから20年以上経っている。専門学校に通うために上京をしてきた年に知ったのだと思うから1999年か。めちゃくちゃ前だな。 あの当時、音楽性、ビジュアル、ライブパフォーマンス全てにおいて度肝を抜かれたものだ…

もしかしたら一番の弱点は眠気かもしれない

昨日飲みすぎたわけでもなく、睡眠時間がそこまで短かったわけではないのに今日はありえないほどに眠かった。とりあえず起き上がって仕事を始める報告はしたものの全く眠気が拭えない。なんならちょっと意識飛んでいたかもしれない。かもしれないとかぼやか…

勘弁して欲しいポストの隙間問題

いきなりすみません これを見てどう思うだろうか。もしかしたら大抵のひとは気にならないかもしれない。でも僕からしたら大問題なのだ。 まず、前提として僕は虫が普く嫌いである。家に出没しようものなら退治するまで討伐行為以外の行動をとることができな…

かわいいもの好きおじさん参上

「性自認含め男だけど可愛いものが好き、可愛くありたい」と考える人が存在する事を、本当に驚くほど理解出来ない文化圏の人ってちょいちょいいるんだよな。女装まではしなくとも、かわいいポケモンが好きとかサンリオが好きとか。 — 自動蜜柑 (@autoorange6…

長老VS上司

なんだかあまり書くことがないなあとTwitterを眺めていたら元統一教会に関する報道についてのトレンドがあがっていた。それを見て「なんか一言いってやりたい」感情が芽生えてしまい、怒濤の如くタイピングしてマスコミとかの不満をぶちあげてしまった。いや…

昼からお酒飲んでるだけなのにワインだと赦される感

久々に用事を複数こなす週末を過ごした。 土曜、午前から区の施設に行く用事があったので週末でありながらもそこそこ早く起きてきびきびと準備を済ませタスクをこなす。区の施設の中でもなんというかあまりメインを張るような施設でもないので昭和感がすごい…

ピンチっぽさをはらんだ可逆性後頭葉白質脳症

久しぶりにお題にのっかってみようと思う。今週のお題「人生最大のピンチ」である。病気と共に生きてきた割には、というかもしかしたら病気だったからこそなのかもしれないが病気由来で人生ピンチだと感じたことはほぼない。 ただ、これはまずいのかもしれな…

AI画伯のスチームパンク観

AIとはかくも進歩しているものかと驚くばかりである。AIによって絵が描かれるのだからこれからの時代どうなっちゃうんだろうという話だ。話題としては少し前の話だけれど、思い立っていまさら試してみたのだ。ちなみにDream by WOMBOというアプリを利用した…

そのこだわり、嫌いじゃないんだぜ

週末に久しぶりにインスタントラーメンを食べた。前までは主食なんかってくらいにインスタントラーメンばかり食べていたのだけど、最近前ほど、というかほとんどインスタントラーメンを食べることがなくなった。 透析患者としては真っ当な判断と言える。でも…

人生一度きりとはいいますけれども

人生一度きり。当たり前である。一度きり、不可逆であるため何かと頑張る。 でも何度も人生をやり直せることができたらどうだろう。やり直せるというか、生まれ変わることができるというニュアンスかもしれない。おそらく相当雑に生きることになるような気が…

父にキレ散らかしたあの日の父側の立場になってしまっている

お酒を飲むと人間としてのスペックが著しく低下する。これはひとによると思うのだけど、僕の場合は少なくともそうだ。ひとによってはちょっとくらい引っ掛けていたほうが頭の回転が速くなったり行動力が上がったりするひともいると思う。僕はどうかと問われ…

お掃除まるなげできちゃうなんてなんて素晴らしい存在

最近故あって家の掃除当番を担っている。掃除といってもクイックルワイパーで掃き掃除といったところだが、毎日するとなるとなかなか時間を取られるし、透析の日は透析終わりに掃除するのは身体的に少々辛めだ。今まで妻にそのほとんどを任せてしまっていた…

大事なもんは首からかけときなさい

先日より引き続きお酒のお供は音楽という日々が続いている。いくら酔っているといっても音楽を聞くからにはそれなりに真剣に聞く。そうなってくるとノートパソコンのスピーカーでは音質的に物足りなく、かといってスピーカーにつないで大音量で音を鳴らすわ…