普遍と平熱

かつてけっこう本気バンドをやっていて、途中で透析が始まったひとの平熱くらいの温度感の話

テレビ未設置で世間知らずおじさんの出来上がり

家にテレビを置かなくなって1年以上経つが、それによって不便を感じることはほぼない。だんだんとテレビ番組そのものに執着しなくなってきたし、どうしても見たいものがあれば最近はネットで見逃し配信などもある。なんならゴールデンタイムのバラエティのあのテンションについては苦手意識すら持ち始めている始末だ。

そう思っていつつもテレビがないことに”ほぼ”不満がないの”ほぼ”の部分、言い換えればテレビがないことに不便を感じている部分もある。

それは世間のニュースに疎くなってしまったことだ。ニュース自体はやはりネットで確認できるので能動的であればいくらでも取りに行くことはできる。でもほら、あるじゃないですか、ご飯食べながら見てるんだか見てないんだかわからないくらいの状態で流れてくるニュースをぬるっと脳内に流し込む時間。結構あれで情報を得ていたのでそれがなくなったことであれよあれよと世間知らずおじさんが出来上がってしまったのだ。

仕事に行くとお昼ご飯を食べながらネットニュースを見たりするのだけど、今はそれもしていないのでSNSで流れてくるニュースを下流で待ち構えているような状態である。しかもTwitterだったりするので流れてくるニュースも相当偏っている。流しそうめんのはずなのに薬味しか流れてこないようなものだ。しかも茗荷だけ流れてくる。薬味としてまで偏り倒しているのだ。まあ茗荷好きだけど。同じようにどこかしら偏り、歪んだニュースを楽しんでしまっているのかもしれない。

情報に疎くなっているなあと痛感したのがつい先日発生したトルコの大地震だ。あの手の情報はなにをどうしたって速報を見聞きするだろうに、何テンポも情報入手が遅かった。三振取られてベンチに帰る途中でバットを振るくらい遅い。え?今?となる。

現状、自分が情報を手に入れるのが遅くなっていることを自覚しているから改善のしようもあるが、それに気づかなくなったらもう目もあてられない。「それいつの話?」くらいタイミングのズレた話題をドヤ感溢れて語り出すことになるだろう。いたもんなあ、そういうおじさん。きつい。

そうなっていかないようにこれからは能動的に情報を得ていこうと思う。しかしまあネットの情報はコンプライアンスありきで発信されていないので玉石混交そのものだ。今日も続々と陰謀論者を出荷している。なんだかピノキオでロバにされちゃったこどもたちを思い出すんだよな。YouTube陰謀論者になってしまったひと達って。あと出荷で思い出したんだけど、スクランブル交差点の信号が変わってひとがばーっと歩き出すときいつも「出荷だなあ…」と思ってたんですけど、あの感じ出荷っぽくないですか。終電間際のアルタ前の信号でも可とします。

最後全然関係ない話しちゃったよ。脳汁漏れた。結局のところよく知りもしない、行ったこともない場所で起こっている出来事よりも、目の前で起こっていることに自分の考えを重ねることの方が興味の対象だったりするものかもしれない。

とはいえ大人として恥ずかしくない程度にはニュースを摂取していこうかと思います。みなさまもほどよきニュースライフをお過ごしください。

スクランブル交差点付近。出荷される側の視点。

 

 

行き当たりばったりから臨機応変へ要ブラッシュアップ

育児休業がひとまず終わりを迎える。今回取得していたのは産後パパ育休というものなので、産後8週間のうちの4週間が取得可能な日数となっていた。年末年始の休みとかぶったり途中少し働いたりしていたのでなんだかんだでそれ以上の期間お休みになっていたけど。

おかげで生まれたての子との時間を過ごせて人生の中でもこれ以上はなかなかないだろうなというほどに貴重かつ重要な時間を得られたと思う。時代、職場等何かとタイミングが良かったとしか言いようがない。まあ別のタイミングだったらそれはそれでなんとかしていたのだろうけれども。なんと言っても僕の座右の銘は「行き当たりばったり」なので。「臨機応変」でないところに不真面目さが滲み出ている。

育休中、当たり前なのだけど子育て中心の生活となるわけで、岸田総理の言うリスキリングの時間など当然あるわけもなく初めての子育てにあたふたしながら過ごした。総理のあの発言、発言そのものも現実が見えてなさすぎて問題があるとは思うのだけど、その発言を可とした周囲も大問題だと思う。どう考えたって炎上必至の内容なのにそれに気づけずスルーしてしまっているのだから。飲み屋で「俺ぁよぉ、こんな商売考えているんだよぉ。天才だろ?(ドヤァ)」という酔っ払いだる絡みくだまきおじさんの発言みたいなレベルの内容が発表に至っているのだから単純にすごいといえばすごい。

ただ、夫婦で子ひとりを見ているので、想像していたほどには可処分時間が皆無ということにはなっていないかもしれない。もちろん何かを学ぶといった腰を据えるてやらないといけないようなまとまった時間はないけれども。

適切な例えではないかもしれないが、父母それぞれ1ずつの労力(リソース)を持っているとする。育児というタスクに必要な労力が1.8だとして、父母ふたりで取り組めば2となる。0.2は余るのでその分の可処分時間は生まれるということだ。我が家がそうなだけで他の家は全くことなる数字になるかもしれないのでやっぱり適切ではないかもしれないけど、まあ体感として。

なので当然ひとりでこなすなんて無理だ。ふたり以上とかになってくるともうどうなっているんだか。実家の母が偉大すぎる(僕は3人兄弟)。そのうえうちは母子家庭なので人生ハードモードすぎる。本当に感謝しかないなぁ。

ひとりじゃ無理じゃんとか言っても育休は本日で最後。休みが明けたって子育ては続いていくわけなので妻に負担をかけないように親子3人で機嫌よく過ごせるように臨機応変寄りの行き当たりばったりに気持ちをシフトして頑張っていこうと思います。

今日は特に関連写真もないのでスマホの壁紙にすると具合のよいきんぴらごぼうの写真を置いていきます。(僕は本当に壁紙にしています。)

 

それぞれのメロンソーダ観があるとは思いますが

メロンソーダが好きである。

あの毒にしか見えない緑、最高ではないか。味も何の味なんだかわからないけど脳にビンビンくる甘さでどう考えても体に悪い甘さだ。しかしそれがよいのだ。むしろそうでなくてはならない。中途半端なことするくらいならあれくらい振り切ったつくりで然るべきである。

まあこれですよね

メロンソーダにちなんだ思い出話として、ライブハウス勤務時代にドリンクカウンターでドリンクを提供していた際に印象深かった出来事がある。メロンソーダは基本的に飛び道具的な扱いなのであまりふだんはオーダーされないのだけど、ゴシック系(V系含む)のイベントの日はお酒以外のドリンクでメロンソーダをオーダーされる率が異常に高かったのだ。

今はサントリーの自販機でPOPメロンソーダが売っているが、当時(00年代中盤くらい)は行くところに行かないとメロンソーダを飲む機会は少なかったのだと思われる。それがあるにせよ、なぜゴシック系イベントでばかりメロンソーダが注文殺到となるのか。

僕なり考えてみた。

ゴシック系イベントはロリータファッションの女性客(甘ロリおよびゴスロリ)が多い。あの手のファッションは世界観が重要だ。手に持つアイテムすらファッションの一部として扱われる。指先に至る細部にまで気を遣ってこそ上級者。その手に持つドリンクは烏龍茶などであってはならない。まずお茶がダメ。当然あまあまのジュースでないといけないのだ。選択肢はジュースへ絞られる。その中でもコーラなどは論外。スカッと爽やかか。爽やかなロリータなど流儀に反する。

そこに登場するのがあの緑である。沼から汲んできた水の方がまだ「なんかのスムージーっぽくて健康そうだよね」と言いくるめられてしまいそうなほど毒気しかないあの緑なのだ。その毒々しい緑がロリータを彩る最後のピースであることは積み上げられたロリータファッションの歴史から明らかであると言わざるを得ない。

ちょっと言ってる意味わからないかもしれないけどまあ「そうなん?」くらいに思ってください。たぶん違うので。

ただまあ実際メロンソーダ屋さんになっちゃったのかなと言うくらいに集中的に注文されていたのは事実。そしてなんだか注文してくるひとってなんだか不思議ちゃんみたいな感じのひとが多かったな。よき思い出。

メロンソーダ好きとして売っているのを見かけると購入してみたりするのだけど、大概は味の差は大してない。メロンクリームソーダかそうでないかの違いくらいだ。しかし、先日購入したメロンソーダは違った。

三ツ矢サイダーの亜種

三谷サイダーのフレーバーシリーズである。そこに登場したメロンフレーバー。パッケージにはメロンソーダという文字が踊っている。メロンソーダと言われたらスルーするわけにはいかない。迷いなく購入した。

で、飲んでみたわけなんですが…

 

メロン汁の味がする…!!

 

メロンを食べているときに食べ終わる頃、皮の底の方に汁が貯まるじゃないですか。あの味。再現性すごい。あれを炭酸で割ったらこれになる。

これはこれでおいしいとは言えるのだけど「メロンソーダ」として買ってきてこの味だと脳がよじれる。なんだか違うな、となってしまうのだ。僕はあの”自然界にない緑”みたいなあの液体の味を求めていたと気付かされた。背伸びするもんじゃないですな。あと色で言うとこっちの方が沼っぽさある。

芳醇メロンソーダには悪いことをしてしまった。しかし自分のメロンソーダ観を持つことができた。これからのメロンソーダ人生を真っ直ぐ前をみて歩んでいこうと思う。

 

回転寿司といえばアトムボーイなんですよ

最近何かと話題の回転寿司。年齢のせいもあるけど、元々少食なので自分で食べる量を調整できるあのシステムは大変に助かるので今回の騒動で「昔は回転寿司っていうシステムがあってねえ」なんてことにならないでほしいと本気で願っている。

それにしても回転寿司って初めて利用したのはいつだっただろう。僕がこどもの頃って今ほどどこにでもあるような業態ではなかったように記憶している。小学校の頃はおそらく回転寿司という存在すら知らなかったんじゃないだろうか。知っていたらあんな楽しげなシステムで家族で飲食したことを覚えていないわけがない。

中学校入学とともに横浜から静岡に引っ越しをし、それからしばらくはお寿司といえばゲームソフト屋の隣の持ち帰り寿司を利用していたと思う。ただ、時期は曖昧だけど、同じような時期にアトムボーイという回転寿司を利用した記憶もあるのだ。だとするとこのタイミングが人生初の回転寿司利用ということになるだろう。14、5歳といったところか。

ちなみにこのアトムボーイ、おそらく東海ローカルの回転寿司なのでご存じない方は年齢に関わらず全くご存じないだろう。アトムの名を冠しているが本当にあの鉄腕アトムのアトムである。こちらをご覧ください。

みました?看板に燦然と輝くアトム坊や。時代も考えてこれは絶対に許可とってないだろうなと思ったけど、ウィキペディアによると日本テレビ音楽と「アトムボーイ」の商号使用許諾契約を結んでいるらしい。手塚先生関係者へはやっぱり無許可なんだろうか。あり得そうだ。

昔はキャラものの版権は有って無きがごとき時代だったからな。ネットもないので今ほど無駄に拡散されないので炎上沙汰にもなりにくかったのだろう。せいぜい「BOW」などに掲載されて面白がられた程度で。

個人的にはアトムボーイはそれなりに思い入れのある回転寿司で、その理由のひとつとしてCMのパンチ力があった。1990年代あたりに東海地方に住んでいた人間にアトムボーイの話題をふったら確実にこのCMソングを口ずさむ。


www.youtube.com

なんならこのCMソングを広めたさすらある。なんだろう、独特というかひとを舐めたようなメロディが脳に染み付いて離れない。これを忘れることができるとしたら、それと同時に人生の大事な記憶も失うことになるだろう。天才作曲家の仕事ここにありである。CMソングとしてこれを超えるキャッチーさを持つ曲を僕は知らない。

今はYouTubeで視聴することができるが、数年前までネット上のどこを探しても見当たらなかった。ネットにも拾えない情報があるのだなと思いつつアトムボーイの話題を出すときは肉声でこのふざけた曲を披露しなければいけなかったのでアップしてくれたひとには本当に感謝である。CMを見てもらわないと本当にあんな舐めた旋律あるなんて信じてもらえないんですよ、なかなか。同郷のひととはキャッキャできる材料だったけど。地方出身の方はそういうCMのひとつやふたつあるんじゃないでしょうかね。

ここのところ立て続けに回転寿司関連で悪質な利用が拡散され、回転寿司という業態そのものの存続が危ぶまれるんじゃないかという意見すらあるので本当に勘弁してほしい。そもそもあれらの動画、撮影して面白いと思ってアップしているのだろうなというのがまるで理解できない。1ミリも面白くないので投稿者の笑いのセンスを疑うばかりである。そもそもデジタルネイティブの彼らは炎上案件であることくらい気づけそうなものだけど。燃えてもいいからバズりたかったのだろうか。ますますわからん。

もっとこう、アトムボーイのCM歌ってみたみたいな牧歌的なやつで注目集めてほしいですよね。おわ、我ながらサンオツな意見出ちゃったなあといったところで本日はこれにて。

自分の中で回転寿司はファストフード以上にファスト

 

 

 

 

微妙写真の供養展 ふたたび

なんとなく心に引っ掛かりを感じ、写真を撮ってみたは良いものの、それで1本記事を書けるでなく、かといってSNSにアップするのにも弱すぎる写真がカメラロールを肥やしている。

塵も積もれば山となる。チリツモ理論でよわよわ写真をまとめて供養してやろうじゃないかというのが本日の趣旨である。山とまではいかなくても丘くらいにはなるんじゃないかなと期待してみたり。

実は過去にも同じような記事を書いたことがある。

ある意味で思い出の整理というか、何に引っかかりを感じてその写真を撮ったのかということを書き出すことができるのではないだろうか。

ではまいりましょうか。

■署長のリコメンド

世の中の犯罪は3種類のみ

いや、そりゃすべて通報案件であるのは間違いないのだけど、この3つ併記されるってどういう状況だと思わされる。これはもう個別で起こった事件ではなく、押し売りから始まり思い通りに推し売れなくて癇癪起こした押し売り犯が暴力に訴え、それでも怒りが収まりきらず爆破に至ったというストーリーがあるのでは。グランドセフトオートみたいなことするな。ちなみにこのプレートは飲み屋街の路地裏の薄暗い場所に掲示されていた。効果薄そう。

■世紀末モヒカン電柱

もうどこの何に向けてのトゲなんだかわからない

そこまでする必要あるかというくらいに武装した電柱である。核の炎に包まれた世界で生き延びていたモヒカンの上着くらいとげとげだ。汚物は消毒するのだろう。

■読めるけど読めない看板

読み手を惑わす看板

表現をひねろうとして失敗した例なのではないかと思われる。そもそも「居酒ック」がなんと読んだらよいかわからない。イザカック?語呂悪。イシュックってこともなさそうだしなあ…でもイシュックだと東欧の匂いはしてくる。そうなると店名と思われる「りゆこ」もその辺りの人名で片付く。リユコ・イシュックね。よし、いける。

■ね?

街中で突然の意思確認

ね?って言われたので「うん」と言っておいた。

■憤怒の形相

そ、そんな怒らないで…

ペットボトルを投入しプレスするマシンにエラーが発生した際に表示された画像。右のひと、とにかくすごい形相で怒りを顕にしている。確実にこの2秒後には右の女性は店員さんを殴っているだろう、これ。ここまでの怒り顔、そうない。自分より怒っているひとを見せることによってエラーが発生したことなど瑣末なことだと事態の収束させようとしているのかもしれない。飲み会で先に泥酔されると自分はしっかりしなければいけないというかなんだか酔えなくなってしまうのと同じ原理だ。

■万物の霊長

ばんのうくんだそうで

万能とは。百歩譲ってサッカーもラグビーもアメフトもできちゃうみたいなところまではわかる。じゃあその手に握っている物騒なのはなんだい?いきなり刃傷沙汰は万能がすぎやしないか。うすうすもしかして竹刀なんじゃないかなと思い始めているのだけど振り上げた拳をおろせないでいる。

 

さ、いかがでしたでしょうか。冷蔵庫のあまりもので作る炒め物みたいな1本。そういうのが意外においしかったりすることも稀にあったりするもので。

また冷蔵庫の中(カメラロール)がごちゃごちゃしてきたら放出しようかと思います。

QOLあげてくれる気がする紅茶泥棒

最近食べ物のことしか書いてないのだけど、これまたえらくおいしいものを手に入れてしまった。

ジャムとは似て非なるもの

レモンカードという逸品。数年前に近所の紅茶屋で売られているのを目撃し、物欲しそうに眺めていたら店員さんが味見をさせてくれ、そのうまみにたまげたという経緯がある。だいたい1,500円くらいするのだけど、当時の僕は「おいしいけど…ジャムでしょ?ジャムに1,000円以上出すのもなあ…」とその当時は価格とその価値について自分の中で折り合いがつかず、購入には至らなかった。

だがそれは大いなる過ちだったのだ。まずカードはジャムに非ず。ジャムとは果物と砂糖を煮詰めたもの、カードはジャムにバターや卵を加えて煮詰めたものであるとのこと。ジャムより手が掛かっているし、材料もゴージャスだ。要はジャムの上位互換ということである。その手間と材料費が価格に転嫁されているのは納得させられるものであるが、数年前の僕はそのあたりよく理解していなかった。

しかし今は違う。「これは良いものなのだ」と自然と理解するに至っていたのだ。まあ正直なところ妻と話しているうちになんだか猛烈にレモンカード欲がもりもりと湧き上がってきて衝動買いに近い形で購入したのだけど。

今はその用途についてあれこれ試行錯誤しているところである。基本的にはジャムに準じた用途が無難というかマッチしているものと思われる。すなわちパンなどに塗りつけるという用途である。その中でも小麦粉界隈の貴公子、スコーンにあてがうと今後の人生どうでもよくなるくらいにおいしい。

ひとをダメにするペースト

他にも色々と活躍の場あるに違いない。これからの活躍に期待。またしても写真を撮るのを忘れてしまったけど、中身は栗きんとんの栗本体の周りのトロッとしたやつみたいな感じ。

ちなみにこのレモンカード、紅茶屋で売られていたくらいなので紅茶との相性が抜群に良い。紅茶に入れてしまうのも良いと思うし、ちびちび舐めながら紅茶を飲むと紅茶とレモンカードを交互に口に含み続ける永久機関となる。紅茶が捗って仕方ない。水分摂取を制限される透析患者には注意が必要だ。それにしてもこの動作、何か似ているなと思ったら塩で日本酒を飲む所作に似ている。通っぽさがあるような気がする。もはや風情。

最近あまり外出もできないのでおいしいものを家に呼び入れ楽しむということが結構よい発散方法になっている気がする。おいしいものを摂取していればわりと上機嫌でいられるタイプでよかった。

みなさまにおかれましてもこの紅茶泥棒をば是非お手元に。QOLがあがったような気分になるので大変におすすめでございます。

 

 

天啓のおつまみで確約された勝利の道

突然脳内にとある言葉が降りそそいだ。

"塩辛じゃがバター”

これはもう託宣と言ってもよい。欲望の塊のようなおつまみでお酒を飲めと神様がそう語りかけてきているのだ。

家に材料の一切がなく、全て買いに行かなければいけないけれど、神様が言うんだから仕方ないとひとっ走り買いに走った。どうせ買い揃えるなら一定のクオリティは担保されていてほしい。可能な範囲で良いものを手に入れよう。じゃがいも、バター、塩辛をぞれぞれ別の店舗で買うという普段ならかけない手間までかけた。なにせ神様が言うもんだから。

じゃあせっかくなんでメンバー紹介でもしてみましょうか。

中身撮るの忘れてしまった

カルピスバターである。じゃがバターの心臓であるバターだ。多少奮発することは厭わない。第一希望はエシレバターだったのだけど、近所に取り扱いがなかったようでご登場願った。実力者であることは間違いないのでエシレ氏の代打ということではなく、カルピス氏の実力を遺憾無く発揮していただきたい。

続いてのご紹介。

飛び道具と思わせておいて正統派

北海道仕込みのいかの塩辛。「仕込み」が北海道であっていかそのものについては近海で獲れているのか言及していないあたりにセールストークの妙を感じる。国産のいかということなので細けえことはどうでもいいですが。塩辛についても奮発したつもりでいたけど普段塩辛を買わないので大枚叩けているのかどうかは定かではない。

で、母体となるじおじゃが氏なんですが…

写真を撮り忘れしまった。まあいつものあいつです。

さあ、各英雄は一堂に会した。その重厚なハーモニー、狂ったグルーブを味わわせてくれ!

はい、優勝!完封!

間違いがあるわけがない。これが美味しくないようなことがあったら深田恭子が明日僕に求婚してくる事態である。完全においしいので深田恭子は僕に求婚してこないしそんな可能性は微塵も存在しないわけなんですが。悲しい。

いや、その悲しみなどいとも簡単に払拭できるほどに暴力的にうまい。これ考えたの誰だ。今生で徳を積みすぎて輪廻から卒業しているに違いない。世界を変えたのだよ、あなたは。本当にありがとう!

こうして昨夜の晩酌は近年稀に見る圧勝で幕を閉じたのであった。

"○○のおなか”とういうようにどうしてもその献立しか受け付けないくらいに特定の献立を求めることがあるが、「このおつまみでお酒が飲みたい!!」とおつまみありきで晩酌への筋道を描くというのはおそらく酒飲みあるあるなんじゃないかと思う。

一昨日のブリ照りといい、昨日の塩辛じゃがバターといい、おいしいものが立て続けに食べられて幸せ。みなさまにおかれましてもよき晩酌ライフを。お酒飲まないひとはパリパリチョコアイス(パリパリバー)食べたら良いかと思います。パリパリチョコアイスラブです。