普遍と平熱

かつてけっこう本気バンドをやっていて、途中で透析が始まったひとの平熱くらいの温度感の話

具なしラーメンは素っ裸のようなもん。

最近冷凍ラーメンの自販機をよく見るような気がする。有名店のとんこつラーメン等を売り出しているもの、街中華チェーン、福しんのもの、このあいだはリンガーハットの自販機もみた。 急に立て続けに見るようになったように思うのだけど、技術の躍進でもあっ…

機能はポンコツでよいのでもうちょっと猫っぽさあってもいいんじゃないかな

今週の出社日2日とも雨に降られてしゅんとした。しゅんとしたと言えば「しゅんとしたオクレ」だ。凛として時雨がまだインディーシーンで活動していたころ、なにかのライブにシークレットバンド「しゅんとしたオクレ」で出演したのだ。韻の踏み方もさることな…

モラトリアム的可処分時間の過ごし方

昨日は休みを取得していた。その休みの理由が我ながらふざけているというか、仕事への熱量をあらわしているというか。ゲームがしたくて休みをとったのだ。冨樫義博か。 いやでもね、これがまたおもしろいゲームでしてねえ。ペルソナ5というんですけども。 ウ…

食品添加物とタイマン張れる

透析患者でありながらジャンクフードが大好きであるというタブーを侵しながら日々生活している。マクドナルド最高。カレーヌードルこそ至高。 そんな僕からすると食品パッケージに「無添加」と表示があったところで「あ、そうなん?」くらいにしか思っていな…

説明書をよく読まないひとをどうこういえないおじさん

昨年秋に今の家に引っ越してからというもの、利用駅からの遠さはなかなかのものだ。これに関してつい最近まで「もっと駅から近いところを選ぶべきだったのでは…」と考えずにはいられなかったが、その考えは払拭された。 理由は気候だ。最近駅までの道中寒く…

手抜かりなく童貞力を垣間見せる

今日はきちんと暖かい日だったので、在宅勤務でありつつも昼食は外食とすることにした。コロナ対策を謳い家で仕事しておいて外で食事とはこれいかにと思いがちではあるが、半端な路線の半端な駅の平日昼間の飲食店は混雑とは無縁だ。基本方針には反していな…

陰謀論≒都市伝説って感じでもなくなってきちゃってる

まったくもって個人的な話であるのだけど、陰謀論とかそういったものって「ないもの」としての前提で楽しむものなのかなと思っていた。しかし、最近ガチ勢が結構いるようであんまり気軽に楽しめなくなってきているような気がしている。というかその手の話をT…

ギリギリアンクルさん

少しほとぼりも冷めてきたころかなと思うのでそろそろ書いとこう。このブログ、会社バレしそうになってたんす。いやまあバレて困るようなことを吐露しているかといえばそこまででもないとは思っているのだけど、完全なるプライベートな感情だし、ちょくちょ…

グルーヴの酒席

最近週末になると天気が悪くなり、週明けにわりと天気が良くて、在宅勤務をしながら唇をかむということが多い。その日差し、週末にまわしてくれよと。 先週末もまさにそれで、土曜などは春の嵐としか言いようのない天候で外出する気を根こそぎ奪われ家の中で…

パンへの使命感で出社

朝、目を覚ましたら家を出る時間だった。久々にやってしまった。しかも妻に声をかけられて起きたくらいなのでそれがなければたぶん始業時間など余裕で眠ったまま迎えるところであった。ただ、こういうときこそなぜだか落ち着いているもので、「ま、とりあえ…

宝だって違法に置き去りにしたら不法投棄

僕がこどもの頃というのはエロに触れるというのはなかなかにしてハードルが高かった。打ち捨てられていた一度雨に打たれた後に乾いたかっぴかぴのエロ本でさえも尊きトレジャーだったのだ。 だが現代では状況が違うだろう。インターネットを駆使していつでも…

猫み大盛られ

週末は宣言通り妻の実家にお邪魔していた。遠出することが少なくなった昨今、貴重なお出かけ先である。妻の実家には有料特急や空の便を使用しなくても到着はできるのだが、最寄り駅が「最寄り」ってそういうことだっけ?というくらいに最寄っておらず、車で…

符丁のようでありながら事実に基づいているのかも

さむいわー。ひくわー。ほんとないわー。 せっかく暖かくなってきたのになんなんだ、この気候は。昨日までがだいぶ暖かかっただけに落差で冬本番よりも寒く感じる。そして寒さへの憎悪の気持ちも一入だ。冬将軍がそこら辺をほっつき歩いていたらさらってサウ…

梅と狼狽

梅の花の季節だ。桜との絶妙な時期のずれによりそんなにありがたがられているイメージのない梅だが、僕はそれなりに好きだ。桜を美人と喩えるなら、梅は可愛いみたいな感じがして。この時期、梅の花を見ると思い出すことがある。 高校生の頃、クラスメイトの…

成長したのか、忖度されたのか

ついに… 冬が… 終わる…!! 今日は本当に暖かかった。なんなら少し暑いかなくらいの気温。これだ、これなのだよ、求めていたものは。本当に気候が穏やかになるだけで心の余裕が違う。しかしそれは生き物としてとても正しいことだろう。春の訪れが到来する度…

こまっしゃくれたパスタか?お?

あいも変わらず会社に出社するときはお昼ご飯を食べに行くつもりで出社している。出社するたびに男子の証、茶色い献立(ラーメン、カレー、とんかつ、ハンバーグ等)を平らげているわけだが、さすがにワンパターンすぎる。ここらで新しい風を吹かそうと思い…

なんか間違った感じの運命的出会い

昨日は特に何か予定があったわけでもなかったが休暇を取得していた。強いて理由を言うのであれば「ぼーっとしたかった」があてはまるだろうか。実際日中はぼーっと過ごした。何もしていないくせに「そうだ、これがやりたかったんだよ」と謎の達成感を得られ…

ゴミの内容から嫌疑をかけられることもあるんですな

今週のお題「引っ越し」今思えば、上京する時の引っ越しってめちゃくちゃサボった荷造りをしていたなと思う。家電以外のものってCDとゲームくらいしか持ってきてなかったんじゃないかな。それもゲームに関しては一部だけしかもっていかなかったと思うし。あ…

あなたのためにお祈りさせてくださいとは言うけれど

以前にも書いたことがあるように、信仰に関しては他人に迷惑を与えない範囲であればどのようなものを信仰していてもかまわないと考えている。それがたとえ空飛ぶスパゲッティモンスター教であったとしても。 空飛ぶスパゲッティモンスター教とか今考えたみた…

ロックに出会って試験の点数下がるって昭和か

今週のお題「試験の思い出」とのこと。試験の思い出を語るほど人生において試験を経験していなかったかもしれない。というか基本的に試験をナメていた傾向はある。 まずは中学、高校などの定期試験。本当に試験勉強をしなかった。それでも追試をしなければな…

最後のカード

ロシア、なくなってしまうのではないかな。そういった荒唐無稽な思いが頭をよぎった。 それというのも今回のウクライナ侵攻、ロシアにとってどれほどメリットのある行動だったのだろうか。僕が得た情報からは戦争を仕掛けるだけの妥当性ははないように感じた…

在宅勤務<宴会…か?

職場はコロナの状況により原則出社率というものを定めている。少し前、感染者数が爆発的に増えたときは出社率2割としていた。要は週1日出社ということである。 それが今、5割となっている。まん防中だし、一時期より減ったとはいえ東京の1日の感染者数は1万…

いそうな所にいそうなひとがきちんといる街

昨日だいぶ夜更かししてしまったのと深酒をしすぎた影響か、午前中かなり遅くに目覚めた。最近休日の起床時間が遅すぎて後悔することが多いので気をつけなければ。 遅く起きたうえにそこから朝ごはんを準備して食べるくらいであればいっそのこと外食してしま…

ビデオテープって味わい深い媒体だな…

ビデオテープといえば記録媒体として一時代を築き上げたものであるというのはある程度以上の年齢のひとであれば否定の余地はないだろう。僕の生きてきた人生にもガッツリ食い込んできたことは言うまでもない。 そのビデオテープ、イカした記録媒体であったの…

静電気とかいってるけどもう全然静かじゃない

かなりの静電気体質である。ものに触れたときに明確に青い火花が発生しているのが見えることも少なくない。しかも明るいところでだ。それはもはや電撃であるとすら言える。わしゃスタンガンか。 常にひとを威嚇し続けることを生業としているならそのような状…

寝る間を惜しんで身体が闘争を求めていたこともあったな

アーマードコアというゲームをご存知だろうか。知っている方であればタイトルを聞いただけで身体が闘争を求めてしまう(そういうキャッチコピーがあるんです)ほどに人気のあるひとには人気のゲームタイトルだ。言い方を変えると誰にでもウケるようなゲーム…

逆によくない?の逆ってどこ

書道というものをまったく理解できていない。字である以上造形が美しく、読みやすいというのが正解なのではと思っていたがどうもそうでもないらしい。 散歩をしていたときに見かけた蕎麦屋の看板だ。「そば」の字が踊っている。踊り狂っているといっても過言…

精勤なカモの出退勤を知る

以前にも少し触れたことがあるのだが、家のすぐ横を川が流れており、ハト、カモ、なんだかよくわからない小さい白黒の鳥を見ることができる。 そのなかのカモ。 ぷかぷかと水に浮いており、なかなかにして愛嬌がある。カモが窓から見える日はちょっと嬉しい…

お風呂は住居敷地内にあって欲しい派

今日、Twitterでこんな記事が話題になっているのを見かけた。 タイトル通り、賃貸物件を選ぶときに風呂なし物件を借りる若い世代がいるのだという話だ。 まっさきに「お風呂ないとかそんなの無理」と思い、妻にもその胸の内を吐露したが、あくまでもここで対…

新鮮なの一丁お願いします!

今週のお題「自分に贈りたいもの」そう聞かれたならば答えはこうだ。「ぴっちぴちの腎臓ですかね」と。 まったく事情を知らないひとからしたら儀式の供物にでもするのかと思われかねないものを希望してしまっているが、あいや、待たれい。きちんとした理由は…